キャッシング

 更新日:2014/10/23

永久脱毛は効果が長く続くのでお手入れが楽になります


永久脱毛は、医療脱毛ともいわれ、脱毛が完了すると長期間にわたり効果が続くため、それ以降のお手入れが非常に楽になります。具体的な方法としては、毛根に針を刺し、そこに電流を流して毛根を破壊する電気針脱毛と、レーザーを肌に照射して毛根にダメージを与えるレーザー脱毛があります。どちらもクリニックなど医師のいるところでしか行うことはできません。電気針脱毛は一本一本針を刺す必要があるため時間がかかりますが、一回の施術で効果が期待できます。また、毛の色などに関係なく脱毛できるのがメリットです。レーザー脱毛は、電気針脱毛の比べて同じ時間で広範囲を脱毛することができます。また、痛みも電気針脱毛に比べて少なくなっています。ただし、施術が完了するまでには、1ヶ月あるいは2ヶ月程度の間隔を空けて複数回施術する必要があります。また、レーザーは黒い色の部分に反応するため色素が沈着している部位などの脱毛には適していません。それぞれにメリットがあるため、大部分はレーザー脱毛を行い、それができない部位に関してが電気針脱毛を用いるというクリニックなどもあります。レーザー脱毛は日焼けをした直後などは、肌が炎症を起こす可能性が高くなるので、脱毛の予定がある人は日焼けには注意する必要があります。また、施術後は肌が敏感になっているので熱いお風呂に入ることは避けましょう。施術直後は肌が赤くなることがありますが、しばらくすると収まります。

永久脱毛




発酵の力を最大限に活かし豊富な栄養素を凝縮させた万田酵素


発酵食品というのは元々は保存のために考えだされたものですが、最近では栄養学の面から見てもとても優れた食品だということがわかってきました。私達の身近にある発酵食品の一つである納豆ですが、納豆の原材料は大豆です。大豆は畑の肉と言われるほどそのままでも優れた食品ではありますが、納豆は発酵の力により完全栄養食品に近いとまで言われるほどの優れた食品となっています。このように、そのまま食べるのではなく本来は保存の方法として用いられてきた発酵が食品の栄養価も高めてくれることがあるのです。そんな発酵の力を最大限に利用したのが因島で作られている万田酵素です。発酵食品というのは作られる風土も影響していますが、因島は瀬戸内ならではの気候により発酵食品にとっては絶好の条件が揃っている土地でもあります。そんな因島で53種類もの厳選された材料を発酵させて作られているのです。使われている原材料は自社農場や契約農家で栽培されたもので、栄養価を高めるために果実だけではなく種や皮までも使用しています。しかも、あくまで自然発酵にこだわっているので添加物や防腐剤を一切使用すること無く、3年もの年月をかけて熟成発酵させています。これだけの手間をかけているだけあって万田酵素には豊富な栄養素がこれでもかというぐらい凝縮されています。しかも自然発酵で無駄なものを一切入れていないので子供からお年寄りまで安心出来る健康食品となっているのです。

万田酵素